ウス毛、毛のない頭皮原因

脱毛の種類

           1)円形脱毛症  2)網状遷延型脱毛症  3)男性型脱毛症  
           4)薬剤による脱毛症  5)脂漏性皮膚炎による脱毛症  6) 
           6)接触性皮膚炎による脱毛症 7)栄養不足による脱毛症 8)出産後の脱毛


  ウス毛、ハゲの原因・・・・・頭皮中の間質液に男性ホルモンの代謝異常物質
                       5αジビドロテストステロンが混入し、毛母細胞の
                       活性が抑制される為。
                       
                       (脱毛の種類・・・男性型脱毛症(若ハゲ)
                                  脂漏性皮膚炎による脱毛症・・・該当

  成人一人の髪の数・・・・平均10万〜15万本
髪が生まれて抜けるまで・・・・平均5〜7年
     健康な大人の髪の抜毛・・・・・平均1日30本〜80本

毛周期 ・・・・・頭毛・・・・85% 成長期毛    14% 休止期毛    1% 退縮期毛
       

特に大量の脱毛に悩む人たちの大半は20代前半です。その頃が男性にとって、もっと
男性ホルモンの分泌の多い時期であることから、男性ホルモンと脱毛のただならぬ関係が想像できます

     

   成長期(数年)・・・・毛包は分裂開始して下行、毛乳頭を容れ、新生が毛母より生じる

       退縮期(2〜3週)・・・毛包の収縮が始まり細胞分裂を停止する。

          休止期(数ケ月)・・・・毛包は1/3に短縮し、毛根は棍棒状を呈するので棍毛と言う。


       加齢と共に毛周期は一般に長くなり、更に灰色〜白色化して男性は頭毛が疎となる。


       男性ホルモンは須毛、胸毛、陰毛の成長を促し頭毛の脱落を促進する(男性型脱毛症)

        男性ホルモンがハゲの原因になるという次のような結果が導かれました

1. 去勢された男性、つまり睾丸を摘出され男性ホルモンを作り出せなくなった人はハゲになることはなく、
  ハゲ進行中の人の睾丸を摘出するとハゲはそれ以上進行しない。
2. ハゲ進行中に去勢され、進行が止まっていた人にテストステロンを注射すると、再びハゲ始める。
3. もともとハゲていなかった男性は、去勢されたあとテストステロンを注射してもハゲない。

性ホルモンはハゲになる要因の一つではあるが、その分泌量が過剰だからといってハゲるのではなく、
もうひとつ別の要因(受容体)がこの中間にあり、この二つの要因が結びついて初めてハゲることが分かりました
言い換えると、この二つの要因を持った人がハゲる体質ということなのです。

性ホルモンはハゲになる要因の一つではあるが、その分泌量が過剰だからといってハゲるのではなく、もうひとつ
別の要因(受容体)がこの中間にあり、この二つの要因が結びついて初めてハゲることが分かりました。
言い換えると、この二つの要因を持った人がハゲる体質ということなのです


ここで脱毛するまでの流れを整理しましょう。

@男性ホルモン(テストステロン)の過剰分泌

A頭皮の毛乳頭や皮脂腺に存在する酵素5αリダクターゼの過剰分泌

B5α-リダクターゼの還元作用で、テストステロンが強力な男性ホルモン5αジヒドロテストステロン
  (5α-DHT)に変化

C毛母細胞が細胞分裂が休止
はこの流れを何処かで断ち切れば良いのです。 何処で断ち切るか
  切るかを謳い文句に世界にはいろんな商品が存在しています

発毛を実現するために必要な要素は以下5つで。このうち @、A については普段の食生活で十分改善が可能です。
@ 頭皮の血行を良くする
A 発毛に関係する栄養素を十分に摂取する

B 頭皮を常に清潔かつ健康な状態に保っておく
C 頭皮を柔らかくしておく
D 禿げ進攻要素(5αリダクターゼ)を抑える←一部有効